農業ソリューションについて

近年、農業におけるソリューション事業として農機具メーカーや家電メーカー等が農業ソリューション企業として取り組み始め、大きな成果を出しつつあります。農業ソリューションとは、クラウド等を中心としたICTを利用して農業を包括的に管理・運営して行こうとすることを指します。近年、各業界でIoTが全世界的に注目されるなか、農業分野において取り組まれた結果、農業ソリューションが事業として発展・注目されています。今までは、農業者は自身の経験とカンで作業し、日本では農業協同組合による指導を受けて営農してきました。しかし、農業は昔から天候等の自然条件に影響を受けやすく、その年の収穫量が一定しない場合が多く、大きな問題点としてありました。この問題を大規模に克服する目的で、この農業ソリューションが注目されています。

また、農業ソリューションによるカーボンニュートラルの実現を目指そうという取り組みも始まっており、海外有名メーカーを初め、農業ソリューションを標榜している企業グループでも数年前より取り組み始められています。日本国内において、農業ソリューション企業がカーボンニュートラルを積極的に押し出して取り組んでいる企業はまだまだ少ない状況にはありますが、世界のコングロマリットでは、既に成果を挙げつつある現状にあります。ここでは、農業ソリューションとその取り組みの一つであるカーボンニュートラルについて説明します。